コロラトゥーラ・ソプラノ。

 

学習院大学法学部を卒業後、

声楽を学ぶため単身渡仏。

パリ・スコラ・カントルムにおいて

2004年度から2006年度に在籍し研鑽をつみ、

一位でディプロマ・スぺリアルを取得。

軽やかな歌声とその卓越したコロラトゥーラの技法で

ロシニョールのような歌声と称賛される。

 

その後、渡米。名門マンハッタン・スクール・オブ・ミュージックにて

2008年度から2010年度に在籍し、優秀な成績でマスター・オブ・ミュージック

(修士号)を取得。同校にて、リサイタルを開催。

ヨーロッパとアメリカ生活を通し五つの外国語(英語、仏語、伊語、西語、独語)に精通する語学力を生かした歌唱は、各国の聴衆に、心に響く歌声と、絶賛される。

この間、その他多数のコンサートにも出演。

 

コンクールでは、2007年 第42回新潟県音楽コンクールに出場し、大賞を受賞。

同年8月、フランス、マルマンド国際声楽コンクールにおいて、セミファイナリスト。

2008年 ベルギー、エリザべス女王国際声楽コンクールにおいては、厳しい予選審査を通過し、ブリュッセルで開催された本大会に出場。

 

オペラの舞台では、2009年ベルギーの都市ブルージュで、

「フィガロの結婚」のスザンナとバルバリーナを演じる。

2010年、IVAIヤングアーティスト・プログラムに参加し、

メトロポリタン歌劇場指揮者ポール・ナドラー氏の指導の下、研鑽を積む。

ニューヨークでは、世界中の才能ある若者を取材するテレビ番組、“グローバルルック”に出演。

 

東日本大震災を受け、2011年5月パリにてチャリティーコンサートを企画、開催。

日本、フランスの若手音楽家有志20人余による演奏で大成功を収める。

自身も演奏者としてソロ、室内楽で出演する。

2011年7月には、第四銀行と新潟市芸術振興財団の支援を得て、新潟にてリサイタルを開催。

2012年3月、パリユネスコで行われた東日本大震災チャリティーコンサートにて佐渡裕氏の指揮の元コーラスで出演。

2012年10月には、新潟、横浜にてリサイタル「FEMME~魅惑の女たち~」を開催し、好評を博す。

2014年7月、第49回新潟県音楽コンクールのゲスト演奏者として、りゅーとぴあコンサートホールにて歌う。

その他、日本テレビドラマ「デカワンコ」出演など、女優、ゲスト演奏者、合唱コンクール審査員などとして日本、フランスにて幅広く活躍している。