呼吸と発声

呼吸と発声は、一つのつながりです。

良い呼吸ができなくては、良い発声はできません。

それでは、まず良い呼吸とは何でしょうか?

声楽を学んだことがある方は聞いたことがあると思いますが、

普通歌を歌うためには、「腹式呼吸」を学びます。

学ぶといっても、お風呂に入っている時や、寝ている時に、

私たちは、自然と腹式呼吸を行っていると言われています。

それでは、腹式呼吸とは一体どういう呼吸のことなのでしょうか?

 

腹式呼吸と言う言葉による誤解

 

腹式呼吸と言うと、いろいろ言われていますが、良くいわれるのは、

「おなかを膨らませる」と言うものではないでしょうか。

横隔膜を下げるため、内臓が下がり、おなかが出るということです。

しかし、「良い呼吸」をする場合、おなかを膨らませるというやり方ではうまくいきません。

おなかに意識が行き、背中のS字ラインが崩れ、姿勢が悪くなりやすくなりますし、

肺にしっかり空気が入った場合、横隔膜は下がり、肋骨も広がります。腰は解放されたような感覚を感じ、お腹を意識的に膨らませたり、ひっこめたりはしません。これを一言で何呼吸という言葉にしてしまうと、イメージによる誤解を招きかねませんので、「良い呼吸」と呼ぶことにして、腹式呼吸や何なに呼吸といういい方にはこだわらず、歌うために必要な「良い呼吸」というのを、レッスンでは感じ取り、体得していきます。


 

 

「支え」とは?

 

良く声の支えや、息の支えなど、支えと言うことが声楽を学ぶ際に語られます。

支えと言うと、何か重いものを力(筋肉)で何とかするというようなイメージを覚えますが、この歌の場合にいう支えとはそういうものなのでしょうか?何か重いものを支える場合でもそうですが、力が均衡していることで支えることができます。たとえば壁に寄り掛かった場合でも、壁から壁が自分を支えるための力が働いています。物理で習いましたよね。支えとはそういった、自然に支え合うようなものであり、力任せにできるものではありません。姿勢や、呼吸、自分の体をどういう風に支えているのかも関係していますので、歌いながら感覚を身につけていくことになります。ということで、この「支え」という言葉も、言葉にとらわれずに、どういう状態で歌ったときに「支え」のある声が出たのかを感じ、観察することで身につけていきます。

 

「発声」

 

声を発するということは、何も歌う時に限らず、話すときに私たちは自然にしています。

歌う時と、話す時ではどう違うのでしょうか?

発声する場所が違うのでしょうか?

声を作る場所は、声帯です。

喉頭の中にある、声帯が空気とともに振動して音になります。

歌う場合、響きというものが必要になってきます。

それを作り出すために、軟口蓋をあげたり、「支え」が必要だったりするわけです。

無理のない発声をするためには、喉頭が上がったり下がったり激しく動かないようにする必要があります。なにもそれは、意識して、全く動かないように固めるという事ではなく、「良い呼吸」「支え」などができることで、リラックスした自然な位置にいることができます。

ピアノが上下左右に動きまわったのでは、ピアニストは良い演奏はできません。

喉頭は、歌手の楽器なのです。そして、それを支えるからだもまた楽器なのです。

 


「体は常に動いている」

 

 歌う時に役立つイメージと言うのがいろいろありますが、どんなイメージをしても、決して一枚の絵のようにイメージを固定させないでください。歌う事は、動き続けることです。空気は送られ続け、軟口蓋も一度上げたらそのまま固定ではなく、下がらないように上げ続ける必要があります。声の支えも、ゴムを引っ張った状態を固定するのではなく、少しづつさらに引っ張り続けます。イメージが固まり、体が動かなくなると、喉で支えるしかなくなり、喉が締まります。

 

余計なものを落としてスリムになりましょう!


 エステサロンの広告のようですが、私たちは、長年生きている間に、いろいろな余計な癖を身につけてしまいます。それは、自分自身であったり、人を真似してなったり、またそのように教えられたという場合もあります。体でいえば、余分な脂肪でしょうか。そんな、余計な癖をなくしていき、シンプルにスリムになりましょう。

(実際、肋骨は広がるため、胸は大きくなりますし、背中側の腰の部分を広げますので、お腹は平らになり、自然に腰はくびれができます!素晴らしいおまけがついてきますね!)

 

 例えば、

1.歌う時に、ついつい大きな声を出そうとして、首が前にでる。

2.お腹を支えようとして、お腹や腰、お尻の筋肉ががちがちに硬くなる。

3.膝の関節がブロックして、喉だけで歌っている。

4.顎で発音・発声をコントロールしようとして、声が小さく、硬い。

5.腰がブロックしているため、浅い呼吸しかできず、すぐに空気がなくなり、

苦し紛れに、喉でコントロールする。

 

などなど、様々な、余計な癖を私たちは持っています。そんな癖をなくすお手伝いをさせていただきます。そして、一緒にあなたの声を自然な、豊かなものにしていきましょう!